バイアグラは突然やってきた

バイアグラ体験談

勃起障害はある日突然という感じでやってくるのです。

 

自分の思い通りに勃起できないという焦り、一度そんなことがあると次回のベッドインの時でも「またあの時のようにうまくできないのではないか?」と言う不安が大きくなりつづける。

 

勃起不全で悩んでいる男性にとって、世紀の幸福ともいうべきニュースが報道されたのが、1998年の春でした。その時は聞いたこともなかった製薬会社ファイザーがいきなり、飲むだけで効果が期待できる勃起不全治療薬と開発し、審査基準の厳しいことで知られるFDA(米国食品医薬品局)もそれを承認したのです。

 

そのニュースは瞬く間に世界中を駆け巡り一世風靡を巻き起こしました。しかし、その素晴らしい効果と同じくして、服用者の死亡例が報告されるようになりました。

 

とはいえ『一度は試してみたい』と考える男性がいましたが、そのニュースの性で、手が出せずにいた男性が数多くいたそうです。

 

バイアグラは日本性機能学会でも、「勃起不全解消薬としては、初めてきちんと効果が期待できる」と言っているように、服用の際の注意事項さえ守れば、バイアグラは安全な薬なのです。みなさんが考えているように、必要以上に恐れることはないはずなのです。

 

バイアグラはアメリカのFDAの承認から送れること一年。日本でも中央薬事審議会の特別部会が国内での製造・輸入を承認。1999年3月には、意思の商法を必要とする医療法医薬品として承認され、発売開始されるという、新薬としては異例のスピードで解禁されました。その背景には、いち早く流通ルートを作成し、知識のない人が自分の判断で購入することを無くすためでした。

 

はじめてバイアグラを使った率直な感想

 

はじめてバイアグラを使った率直な体験談

まずは驚きという感じです。こんなに効き目があるなんて予想をはるかに超えていました。一晩に3回は自分でも最高記録です。

 

正直言ってアメリカで開発された薬を飲んでみないかと友人から誘われた時には、日本で出回っている怪しげな強壮剤を想像しましたが、以前飲んでも効き目を感じたことはなかったので、バイアグラでもどうせ効く頃はないだろうと思いながらもあんしん通販薬局で購入しました。

 

しかし、背景にはここ半年は自分自身でインポなのではないかと言う焦りがありました。いくら妻が出産と、その後の育児疲れで、夜の営みがなくなっていたとは言いながらも、やっぱり半年以上できないというのは長すぎました。セックスレスが原因でインポなど、寂しい限りです。

 

今度こそセックスができないとまずいと思って、何度かトライしてみたのですが、結局できずじまいの半年でした。このバイアグラのおかげでセックスレスも解消され、この間は朝早く起きたときに朝立ちしていたので、それを利用して朝から妻とやりました。最初は朝が弱い妻なので、嫌がっていましたが、次第にスイッチが入ってどんどん乱れました。

 

朝からすることなどなかったので、それからというもの、子供が起きる前にするセックスもとても燃えるものがあり、レパートリーが増えました。

 

その時から夜も営みも純良で、とにかくすごい薬で、本当に満足しています。
誌頃に対する影響はどの程度かはわからないのですが、夫婦の関係はバイアグラのおかげで好感触になりました。やはり、妻もうれしいようです。

 

ただ、一つ困ることがあるのです。今回ほど頑張ってしまい、次からどのようにするかです。バイアグラを飲んだことは実は妻には内緒だったのです。今もっている薬は、あと少し、やはり即購入するしかありませんね。

もっとバイアグラ口コミ・体験談を参考にしたい方はコチラ⇒バイアグラ口コミ・体験談JP

糖尿病患者のバイアグラの感想

 

糖尿病患者のバイアグラの体験談

勃起不全で悩んでいると医師に言うと、バイアグラを進めてくれました。そのおかげでずっと欲求不満だった彼女を喜ばせることができました。飲んだはじめは下半身の方には効き目がなく、顔が熱くなるなどの副作用を感じていたのですが、彼女が下半身を刺激してくれると、今までにないほど勃起してセックスで彼女を喜ばせることができました。

 

顔が熱くなって、動悸が舌、という以外には特にバイアグラの副作用を感じることはありませんでした。胃がむかつくなどいろいろ言われていますが、それもありませんでした。

 

その時は彼女と夕方から3回も楽しむことができたのですが、セックスをしている途中ではペニスが完全に萎えることはありませんでした。合間に求刑している時でもちょっと半立ち状態でずっと維持していました。

 

すごいのは1回終わってしまっても、ちょっと刺激してもらうと、すぐに反応して勃起が蘇ることです。あれは今までに味わったことのない経験でした。口で刺激してくれていた彼女が途中で大きくなるので「ウソみたい」と驚いていました。

 

糖尿病になる前のセックスと、バイアグラを飲んでのセックスでの違いは、バイアグラを飲むとしっかり立っているのはわかるのですが、感覚が鈍ったような気がしました。

 

自分のものであって自分のものでないような。触ってみて始めて勃起しているのだなとわかるような、勃起しているという感覚はあまり感じなかったように思いました。以前に早漏防止薬を使ったことがあるのですが、その時の感覚に似ていました。

 

それに反して、射精の瞬間の快感は、バイアグラを飲んだ時の方が大きかったです。精液の量も大量でした。ちゃんと勃起するし、その勃起が持続するし、射精の快感も大きいし、彼女を何度もいかせることができたし、バイアグラを飲んでセックスを続けていると、中毒になってしまうのではと少し心配です。

 

ダメだと思っていた自分のペニスが、これだけで来たのですから、すごい自信になりました。本当にすごい薬です。この薬の効き目を本当に楽しんだのは彼女の方かもしれません。セックスが終わった時に、とても満足そうにしていましたから。

 

次のセックスの時にバイアグラなしでもきちんとできるかが不安ではありますね。