バイアグラ服用での副作用について

バイアグラ服用での副作用について体験談

勃起不全による2年間のセックスレスから救い出してくれたのはバイアグラでした。その効果は充分なもので、妻とも度も大満足で、久しぶりの夫婦生活は2回戦に突入し1時間以上に及ぶものでした。

 

そんな中で心配だったのが副作用でした。バイアグラの利用者の声や口コミなどを調べてみても、頭痛が舌、視界が青くなったなどの副作用についての情報を得ていましたので不安な気持ちは大きかったのですが、これといった副作用はなかったのです。

 

確かにセックスの最中に、いつもよりは動機はしていたような気がしますが、それも2年ぶりのセックスをした緊張と興奮のためだと思います。

 

気分が悪くなるとか、胃が痛くなるなどの症状はありありませんでした。

 

そのほかに気がついたことは、次の朝もできたということです。朝の6時に目が覚めたのですが、下半身がギンギンに勃起しているのです。その痛いぐらいの勃起のために目が覚めました。自分で触ってみると本当に硬いのです。こんなことは初めてでした。

 

それは、もう1回できるのではと思って、眠っている妻を後ろから羽交い絞めにして、善義も何もせずにいきなり挿入して、ことに及びました。そしたらできたのです。

 

 

妻も驚いていました。「朝から、馬鹿なことしないで」と最初は嫌がるそぶりを見せていましたが、でも、ビンビンの下半身を押し付けられているうちにすぐにその気になりました。

 

この時も、すぐには終わりませんでした。もうすぐ40歳になる私でも、30分ほどは挿入し続けていました。なので、8時間の間に3回はやったことになります。